2006年03月19日

「Me Neither!」

Me Neither! (俺も違う!)

「ブロークバック・マウンテン」より


(「俺はゲイじゃない」てなことを言うイニスにジャックが返す言葉)

よく「ワタシも〜!」て時に「Me too!」て使うけど
それは、相手の言葉が否定形の時には使えないんですな。

それって学校(日本の高校)で習うもんなんでしょーか?(汗)
むこう行くまで知らなかった・・・。

私がほぼ唯一「むこうで新しく覚えて今でも使えそうな言葉」です。


こちらの解説が親切丁寧な感じなので
ご紹介させていただきます。(下のほうに載ってます)

http://www.jiam.jp/melmaga/
back_number/back_number7.html
「◎ ワンポイント英会話 「Me Neither!」◎」

断背山・・・


posted by grace at 12:30| 京都 🌁| Comment(40) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ポップスターベイビー


インパクト強いコトバと記事だったんで
とりあえずメモ(笑)

http://www.flix.co.jp/page/N0008014
posted by grace at 02:04| 京都 ☀| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

Until You Find Your Dream〜♪

Crimb Every Mountain,
・・・ Until You Find Your Dream.

映画「サウンド・オブ・ミュージック」より


すべての山に登れ
 夢を見つけるまで(フィーリング訳)

・・・深いわ。

むかし好きでどの歌もてけとーに覚えてガンガン歌っていましたが、かなり忘れてました(涙)
今回、じっくり字幕見ながら聞いてたら、いろいろ考えてしまった。

エエ歌ぞろいなのも、この映画の魅力ですね〜♪

 スペル自信ないけど、
 忘れないうちに書いておきます(汗)

posted by grace at 03:04| 京都 | Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

Happy Holidays!

Happy Holidays! 祝日おめでとう!プレゼントバースデー

ホリデイちゅーとマダーナ先生の歌を連想するが(汗)
たしか欧米では続いて12/26もBoxing Dayという祝日。
Yahooニュースにも出たのでご覧になった方も多いカモですが
近年、「めりーくりすます」ってのはちょっと宗教的な意味がありすぎるんで、世界的には「気軽に使うのはやめときまへんか〜?」な流れになっているそーです。
(私は何年か前に日本人の誰かから聞いた)

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200512250001.html

加えて?日本でもいろんな左右(!)の動きがあり
特定の個人のお誕生日をお祝いしたり祝日に国旗を掲げたりするのがナンかはばかられる雰囲気になってしまった近年です。
(お気楽BLOGですから政治的発言はここまで!)

日本ではみ〜んな気にせず
クリスマス気分で過ごしてるのでエエですが(私見)
やっぱしココは「聖誕快樂!」といきたいもんです。
(「めでたいこと」はAll Welcome!な私)

今年はさすがに「海外から届いた」本物の「英語の」クリスマスカードは皆無。
忙しくて誰にも出せなかったためホっとしたのもちょっと事実。
 心が狭く力量の少ない自分を反省〜 (T_T)

いろんな出会いが重なると、
いろいろな出来事や考えの方々にめぐりあえ
今年も学ぶことばっかしの1年でした。

200511292137000[1].jpgではみなさま
聖誕快樂〜♪♪♪  

 ↑めちゃ出遅れ

(写真は11月頃に撮影@梅田HANKYU)

(私信:
 クリスマスカードを下さった方
 ホンマにありがとうございました(^▽^) )

「なんか"おお!"と思うコトバ」がある限り
ココも年内もうちびっとは更新の予定ですが
今年もご愛顧(?)ありがとうございました〜。
posted by grace at 00:00| 京都 ☀| Comment(2) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

Do you love your job?

「Do You Love Your Job?」

「あーた、ご自分のお仕事は好きなワケ?」
超訳 マダーナ先生的お言葉


先日、寝起きでワイドショーを見ていたら、マダーナ先生が記者会見をしていらさった。

そこでフト耳に入った気がするのがこの言葉です。
たしか、「成功の秘訣を教えて」とかゆー質問だったと思う。

「あなたは、自分のシゴトを愛してるの?」

深い!!!(笑)
あちこちの記事には、そっから先しか書いてない。
ソラミミやったのかな?(汗)
「LOVE」やなくって「LIKE」かもしれない。
もいっかい聞いてみないことにはよーわからん(汗)

しかし。
この記者会見。
ポケーと見てたけど、私の中の「マダーナ先生男前度」
3倍増量中♪て感じ。
 
 でも2児の母ですよね。
 たしか2人ともおとーさん違いますよね。
 フェイちゃんとかジェーン・バーキンに
 なにか通じるものがあります(笑)

そうそう。
例の「Like a virgin〜烏龍バージョン〜」ですが
タイトルは「像個少女」

シャン ガ シャオ ニュイ
 像  個  少   女〜♪ (Woo!)

ディ イー ツー チュー モー ダ ガン ジュエ〜♪ 
 第 一  次   触   摸 的  感  覚

 だそーです。
 さあ、Let's sing〜♪♪♪
  

続きはまたオシゴトについて
posted by grace at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

dignity

メモです。

モットーはディグニティー
〜「雨に唄えば」より〜



Dignity

なんとなく英和より英中で
調べてみたい気分。。。(なんでやねん!?)


この単語は
今はなきパーフリの曲で覚えた気がする。
The Chime will ring 大好きです♪
posted by grace at 19:00| 京都 | Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

潔白

ウワサの「親切なクムジャさん」を見ました。

予告のときから、
ある「英語せりふ」が気になっていたのだけど。
(なにかは内緒)

さいごあたりに出てくる

 Be white.
   Live white.

このセリフがけっこう重い。

U105P28T17D3346F379DT20051114191538.jpg白いワンピースや
降り積もる雪。
そして、
最初にでてくる「お豆腐」と
最後にでてくる「ケーキ」が白。
泣かせます。。。

 て書いてたら見たくなる方もあるかもしれないけど
 あまりに「イタイ」んで、人にオススメできません。
 ヴァイオレンス&グロティック(汗)

お写真とか
勝手にシナコムのページを紹介。
http://ent.sina.com.cn/m/f/qqdjz/index.html


200511150753000[1].jpg これは

 クムジャさんの
  出所豆腐〜♪

  ・・・というのは
   うそです(笑)




このケーキの食べたい方は・・・
posted by grace at 00:00| 京都 ☁| Comment(2) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

Yipeeeeeeeeee!

Yipeeeeeeeee!
 I've got a Golden Ticket!!!
 
 (いえーい!やたっ! 貴重なチケット取ったで!)

「チャーリーとチョコレート工場」より


少し前のオハナシですが。(と書きつつ先週の日付にてUP)
・・・わたくし、奇しくも「ぴあ」に並んでいる時にちょうど「ちゃーりーくんがチケットをGETしたところ」(P57あたり)を読んでました。
私も某チケットがとれて嬉しいざんす〜♪


そして、チャリチョコ。
まだまだ「夏休みの宿題」である原作読破は終わらず。。。

そうこうしている間に、映画が終わってしまったらどうしよう(汗)

 しかし200ページ弱なのにチケット見つけるところまでに
 60ページ近くかかるって、どーなの(汗)
  ああ!早く映画を見たいっ!!!
 (今やっと、工場に入るところまで来ました・・・)


l_p1002937103.jpgところで、香港版らしきこの本をネットでみつけましたが、これは「日本語からの翻訳」なのか、題名が「チョコレート工場の秘密」になっているようです。
(よーーーく見ると「新潮」て書いてるし)

翻訳なら英語から中国語へ訳したほうがラクそうなのになぁ〜。


こんど香港で見つけて、安かったら、この本ちょっと買ってみたい気もします(笑)
 もちろん読めませんが・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by grace at 10:00| 京都 ☔| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

Be Princed!

「Bewitched」

今日まで知らなかった(考えたこともなかった)けど
あの有名ドラマ「奥さまは魔女」の原題は"Bewitched"。
(My Wife is・・・とかもっとベタベタな題かと思ってた)

Be witched! (みんな)「魔女」っちゃおう〜!てな感じに勝手に脳内翻訳。
来日したひと、ついに米国アカデミーまで進出されるらしいひと、日本でさまざまな雑誌に登場のひとたち・・・などなどすっかり話題の的である香港の「王子さま」たちにひっかけて、るんるん♪と本日の表題を決定。
(Be princed  王子るのじゃ〜♪)

bewitched.jpgしかし。
帰宅して調べたら、
キチンとした単語で、
"Bewiched"「魅せられた」というのが正しい日本語訳のようである。
恥ずかし・・・(汗)

しょせんワタシの語学力なんてそんなもん(涙)


写真は「奥さまは魔女」香港版海報
ニコールさんは「[女尼]歌潔曼」と表記されるらしい。
http://hk.movies.yahoo.com/050821/28/1ftmr.html

日本版サイトはこちら
http://www.sonypictures.jp/movies/bewitched/index.html

続きじゃないけど、気になる話(笑)
posted by grace at 00:50| 京都 ☁| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

Watch out for the Golden Tickets!

Watch out for the Golden Tickets!
 金のチケットを見つけよう〜♪ (←てけとーな訳)
「Charie and the Chocolate Factory」より


チョコレート工場の秘密今更ですが
本日より"夏休みの宿題"であったこの本を読んでおります。
(現地版ではなく注釈が巻末にある方を買ってしまった軟弱な私)

冒頭は、チャーリーくんの、
涙なしには語れない悲しいお話(T_T)

本日より日本公開ですが、
ある情報によれば、かなりな盛況だとか・・・。
私は映画鑑賞予定が、当分、満杯(笑)なので、
来月あたり、この本もちゃんと読破してから行こうかともくろみ中。

今週から来週にかけて、電車に乗る機会が多いので少しずつ読むつもり・・・。

choco_f.jpg
ところで、この宣伝。

写真には写ってないけど
宣伝にある「ウォンカさんのお手紙」は、
原文から引用されているのか?
そしたら、立派な「解答篇」
あした、もういっかいこの「招待状」
映画館に読みに行ってきましょう(笑)


それにしても、
"・・・the air was scented with the heavy rich smell of melting chocolate!"
な〜んて。。。
もしかして、日本語で読むより
めっちゃ"おいしそう〜♪"な気がしませんか。。。
・・・そして何ゆえか"ちゅーか"?な続き。。。
posted by grace at 03:44| 京都 ☁| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

"troubled water"

troubled water 人生の荒波etc の意

名曲「明日に架ける橋」より


こっちのBLOGは、「気になる言葉」があった日に、なんとなくメモ代わりに書く、てスタンスに安定してきた感じですが。
「今日の気になったひとこと」を選ぶなら、やっぱりこの言葉になってしまいます(汗)

 あかんよ。クスリは。。。

http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_08/g2005083103.html

奇しくも、東西の歌ネタになってしまった一日。
来月は、もうちょっとペースを上げて書いていきたいです。
(ぜんぜん、「ひび」じゃないし。。。)
posted by grace at 23:11| 京都 ☁| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

Ridiculous!

リディキュラス 
 おかしい、馬鹿馬鹿しい、等。

約1年前、そーいえば、「ハリーポッターとアズカバンの囚人」で出てきた呪文がこれ。

 「Ridiculous!」

気にはなっていたのだけど、ずーっと放置していたが、昨日みた映画では、普通の会話に出てきた。
字幕は「ばかげてるわ!」か何か。
何言うとるねん!?と軽く相手を非難する時に使うのか?
一般的な会話に使うちゃんとした言葉とは・・・。
(呪文のための造語かと思ってた←めっちゃアホ)
ハリポタの日本語字幕では「レディキュラス」てなってた気がしたんだけど、忘れた。
 → これも宿題。。。


 ちなみに、英和辞典が見つからなかったので
 とりあえず傍にあった「英中」を見てみたら

  可笑的 ke3xiao4de だそうです。納得(笑) 


(※無間道的広東語は現在まとめ中
  忘れないうち、ちょっとより道してみました〜)

posted by grace at 09:59| 京都 ☁| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

Every Possible Way

 ・・・クランベリーズの「Dresms」より。

王菲の「夢中人」の元歌なのですが。
歌詞の雰囲気はだいぶ違います(たぶん・・・)

そのなかで、出てくる
「Every Possible Way」という言葉。

たぶん違うとおもうけど(汗)
 「な〜んかでける事」
 「あらゆる手段でがんがれ♪」と
 自分でハナウタする時は天然的脳内翻訳全開中。

むこうで毎日、フェイちゃんの「夢中人」とスピッツの「スターゲイザー」を聴きたおしてたので、「よおろっぱの街」を見ると条件反射で「夢中人」を歌いたくなってしまう。
そんなお気楽なことを言っていてはいけないのだが(涙)

 ・・・あまりに悲しいことが多い世の中だけど
  出来ることって、いっぱい、あると思いたいです。


元気ない時は王菲の歌を聴く私だけど
英語バージョンのこの言葉は、けっこう好き。
posted by grace at 23:46| 京都 ☁| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

ペンは剣よりも強し・・・

・・・というのはよく言う言葉だけど。

「人の声は銃声よりも響く。
 たとえ ささやき声であっても
  それが真実を語っているならば」


すごい、いい言葉やったのに、そのもとの英語を忘れてしまった。
残念〜。

inter_p.JPG映画「ザ・インタープリター」より。
公式サイト http://www.inpri.jp/

主人公のお兄さんのシュミが「リスト作り」ていうのが
勝手な個人的ツボ。
私も「好きな言葉リスト」とか、作ってみたいもんです。


 ついでに書いとくが、
 この題名のザ(The)って
   じゃなくて  なのだろーか(汗)
  気になってしゃーないです。
  (というわけで、カテゴリは無理やり英語)
posted by grace at 00:00| 京都 ☔| Comment(1) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

“Brand New Diary”

bj_d.JPG今日の映画の日は、ひさしぶりの正統派な「えいごのえいが!」
ブリジット・ジョーンズの日記の続編をみてきました♪

映画の冒頭で、新しい日記を書くブリジット。
Brand new diary! 字幕は「まっさらの日記」

そういえば、日記とゆーと、実は、旧館(じゅげむ)を始めてから先月末で約1年。
よく続けられたもんです(汗)
そして、去年の今日あたりは、単身よーろっぱへ乗り込んでいたんだなぁ(爆)
あっという間の1年であった・・・。

私はすでに、ブリジットといわれると林青霞!というアジア愛の女(笑)に成長?をしたけれど、やっぱりロンドンは今でも憧れの、心のふるさと第2号。。。

映画であの2階建てバスが走ってるだけで嬉しいです(←呆)

今日の映画は、おもいっきし字幕みてたけど、イギリス映画だけあって、やっぱりハリウッド映画よりは聞き取りやすい気がする〜。(といってもハリポタとかは全滅だったんだけど)

映画の中では今回ミョーにあめりか的4文字言葉が多かったように思うけど、「absolutely」ってしょっちゅう出てくるのも、なんかいぎりす英語っぽいなあ♪
アクチュアリーとかアブソリュートリーて、さらってしゃべれたら、かっこいいです。。。
あーあ。関西弁120%な生活してるから、英語なんて忘れる一方。だめだこりゃ・・・。。ヘ(。>_)ノ
posted by grace at 23:56| 京都 ☀| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

Shall we "シネマ"?

ん? 英語がつづいている?(汗)

先日、遅くに帰宅したらちょっとだけ
TV放映しているあの映画「Shall we ダンス?」(日本版)を見られました。

当時、映画館で見て感動したのを覚えてます。

ハリウッドリメイク版、ううむ(-"-;)と思うところも多いのだけど、私は何がそんなに日本版日本版!と思うほど好きなんだろう???と考えたら。
草刈民代さんのハカナゲなところと、ラストの歌が好きなのだった。
(ハリウッド版は飛行機でちらっと見ました。いま劇場で流れている予告編はすごくよくできていると思う)

日本版ラストの大貫妙子さんのソフトな歌。
もとの「王様と私」の激しい歌からぜんぜんかけ離れていて、そしてそれぞれに良い。

 そーいえば、あっちのリメイク
 「アンナと王様」も見てないな〜(汗)

「Shall we dance?」というとなんとなく「I could have dance all night」(マイ・フェア・レディ)の歌も思い出す。

「王様と私」も、「マイ・フェア・レディ」も、大昔にリバイバルがあったので、子供の頃に劇場で見ました。
いま思えば幸せな体験です。

母に感謝!!! (そうだ、今日は母に感謝の日だった(^^;)
posted by grace at 23:58| 京都 ☁| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

Japanese people are sentimental !

さいきんまた「インファナル・アフェア 無間序曲」(香港版)を見直し印象にのこった言葉。

"Chinese people are sentimental."
 中国人は感傷的です。


エヂくん(陳冠希 エディソン・チャン)が英語で言ってます。
日本語版字幕は、何て出てたかなぁ(-"-;)

映画館で見たときには、???と思いました。私が持つ大陸の方々のイメージとは違う(汗)
かといって、ホンコンヤンも感傷的ってわけじゃないし。
あ、また宿題。

 この文章、中文字幕だどうなってたか知りたい(汗)


   ↑※後日、劇場にて確認。
    「中国人は情にもろく」でした。

で。
いまの日本のニュース報道とかを見てると、日本人って、センチメンタルだなーと思うことがよくある・・・。

事件があれば、客観的な正しい情報を知りたいのに、どうも最近では感傷的な話に終始しすぎ。
主観的な話をつづけたり、かたよった感情を強制したりじゃなくて、正確で公正な報道を望みます
 >日本のテレビさん 
posted by grace at 15:39| 京都 ☀| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

Don't disappointed me!

期せずして(て知ってたけど)
楊紫瓊(ミシェル・ヨー)の新作「レジェンド−三蔵法師の秘宝」はほぼ全編英語(涙)
で、悪役の人が部下を脅す時に言っていた。
 ・・・のだけど、これでいいのか?
 なんか私の聞き取りが
 まちがってるよーな気がするなあ(^^;)

Don't disappointed me!
失望させるな、やから字幕的に訳すと
「期待してるぜ!」とかでしょうか?(字幕は忘れた)
きつい訳だと「できなかったら・・・判ってるな!?」てな感じか(長っ!)

せっかくのアジアンアクション。
やっぱり広東語がよかったな(遠い目)
チベット?の物売りのおじいさんまで英語ってのは反則!(笑)と思いました。
posted by grace at 13:00| 京都 | Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

Nothing hurt

お天気マークが気になるので
ネタないけど、がんばって投稿。
(なんのこっちゃ)

今日は千円なので「エターナル・サンシャイン」にいってきた。
最後、疲れてたので寝てしまった。めちゃ残念。

最初のほうで、聞き取れた気がする言葉
 「Nothing hurt」
これは私の大好きなまんがの題名でもあるのだけど。
訳すと「何ものにも傷つかないもの」って感じなのでしょうか。
傷つくこと無いもの。というか・・・。
きっと、最後まで起きて見てたら、途中でもう1回くらい出てきたかも。
やっぱり見たかった(涙)

このあいだは「forever」という話を書いたけど
「eternal」とどうちがうのか調べるのも今日の宿題・・・。
posted by grace at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

Now and Forever

Now and Forever
 今も、そして永遠に・・・

ふつう映画や舞台というものは広告や宣伝に「○月○日〜」とか「COMING SOON」などと書いてあるものなのだけど。
ロンドンはNew London Theatre 「キャッツ」の公演予定日は昔「Now and Forever」となっていた。

さいきん「行動力がある」と言われてしまうことがあります。
(じぶんでは余り自覚がないのだけどね。好きなことをやってるだけ)
行動力があるのではなく、しがらみが少なくフットワークが軽い、というのが実際のところ。

でも、思うのは
本もCDも、DVDも逃げないけれど。
映画と舞台と、人は逃げてしまう。

いつでも大丈夫、と思っていると、チャンスを失ってしまうことだってある、ってことを
「キャッツ」の公演終了で知った。たしか2年くらい前のこと。(ま、3回見たから充分かもしれんけど、もう1回見たかったの〜)

だからついつい「覇王別姫 −さらば、わが愛」の日本最終上映と聞いて出かけてきてしまった。毎年、どこかでリバイバルされるものと思ってたのでちょっとショックです。
(偶然これもスクリーンは通算3回目)

人に会うのも同じ。
「いま」会えるかも、と思ったら自分から出かけて行かなければ。
「永遠に」続くものなどないのだ・・・。

 (うーん、今日は長くなってしまった)
posted by grace at 22:24| 京都 ☔| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。